タイガー・ウッズのアイアンショットと言えば超一流、特にトラブルショットで見せるショットは神業としか言いようがありませんよね。

 
でも何故かドライバーはあっちこっちに曲がってしまう。。
 
石川選手も似たようなところがあると思います。
 
何故かというと、私は、原因はクラブの進化にあると思っています。
 
ドライバーのヘッド体積が大きくなったことで、フェースが返りづらくなりました。
 
一般的にデカヘッドは、ヘッドの直進性が高くなるため、ボールが曲がりづらくなるはずなのに、これが合わない人がいるということなのです。
 
どういう人かというと、難しいアイアンを好む人なのかなと思っています。
 
難しいアイアンは、だいたいヘッドが小ぶりで操作性が高くなっています。
つまり、より繊細なコントロールが可能なのです。
 
こういうクラブを得意とする人が、いきなり超鈍感なドライバーで打ってみろと言われても、なかなか難しいですよね。。
インパクト前後の小細工が効きませんので。
 
小細工が得意な人は、小細工をすることを前提にスイングしてるところがあるはずなのに、それができない。
 
これが、アイアンは得意なのにドライバーが苦手という人の特徴化と思います。
 
だから、タイガーはドライバーはそこそこでいいから、2打目がんばれよ!!とか思いながら中継を見ています(笑)
 
あんまりドライバーで悩まないで欲しいなーとも。。
素人考えですけどね。
 
ドライバーに合わせたら、神がかったアイアンショットが見られなくなってしまいそうで・・・
 
というわけで、ウッドが苦手、アイアンが苦手、といった悩みがある方は、得意なクラブの特徴を考えてみると良さそうです。
そして、苦手なクラブと得意なクラブはどこが違うのか?を考えてみましょう。
 
重さ、バランス、やさしさ、慣性モーメントなどなど。
 
 
以上、タイガー、ドライバーはそこそこで!!でした。

【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法