自分は大きなスライスだから、少し曲がり幅を押さえてフェードが打ちたい、ドローが打ちたい。。あるいは両方打ち分けたい。。といった願望は誰でも持っていると思います。
 
今日はこの願望をかなえるにはどうしたらいいか、考えてみます。
 
まず、球が曲がるメカニズムを正しく理解することが大切です。
 
簡単に言うと、ボールはスイングした方向に飛び出し、インパクトの瞬間、フェースが向いている方向に曲がっていきます。
 
インサイドアウトに振ればボールは右に飛び出し、フェースがターゲットを向いていれば、ターゲットに向かって曲がっていきます。
 
アウトサイドインに振れば、ボールは左に飛び出して、やはりインパクトの瞬間フェースが向いている方向に向かって曲がっていきます。
 
※↑は右利きの場合です。
 
 
まず、自分のボールの飛び出しがどうなっているか、そこからどこに向かって曲がっていくかをしっかり見直すことは必要でしょう。
 
そこから、気を付けないといけないのはフェースの向きなのか、スイングの軌道なのかが分かります。
 
 
スイング軌道(スイングプレーン)を決める要因は、まず第一にアドレスの向き。
特に肩がどこを向いているかをチェックするといいと思います。
 
肩が右に向いていれば、ターゲットに対してインサイドアウトのスイング軌道になりやすいですし、逆ならアウトサイドインになりやすいです。
 
次に肘の位置。
 
アドレス時に、左ひじと右ひじのどちらが前に出てるかで、やはりスイング軌道はある程度決まってきます。
 
左ひじが前なら、インサイドアウト、右ひじが前ならアウトサイドインです。
 
 
このどれかが自分に該当するかもしれないですし、複合してるかもしれないので、真後ろからの写真を友達に撮ってもらうなどして、確認するといいと思います。
 
ひとつ言えることは、別に曲がるのは全然OKだと思っていますけど、逆の要素が複合してる場合、力のベクトルが違う方向に向かっているということなので、エネルギー効率の悪いスイングになってしまってる可能性は高いと思います。
 
つまり、飛ばないんじゃないかと。
 
ドローならドローの動きをするための構え、運動を体全体でできた方がいいのだろうとは思います。
 
 
次に、フェースの向きですが、これはインパクトの瞬間のデリケートな話なので、微調整はかなり難しいです。
グリップの握りやボールを置く位置を少しずつ変えて、希望の球筋に近い弾道になるところを探すしかないと思います。
 
グリップは極端に間違っていなければ、いじっても違和感が出るだけだと思うので、ボールの位置を調整するのがいいかもしれないですね。
 
 
以上の点を一つずつ見直していけば、理論上、フック、ドロー、スライス、フェードの打ち分けはできます!!
 
 
私は苦手ですが・・・

【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法