1ラウンド通して、ずっと同じリズムでスイングすることは、恐らくプロでも難しいことではないかと思います。

当然、悩みのレベルは私のようなアマチュアとは別次元だと思いますけど。。

それでも、悩んではいるはず。

だとしたら、常に安定したスイングを望んでも、これは実現することは非常に難しいということになります。

プロほど球数を打ち込んでも、ダメなときはダメなのですから。

 

では、一見安定しているように見えるプロと、我々アマチュアは何が違うのか?

決定的に違うのは、戻る基本・基準を持っているかどうかだと思います。

プロは1打ミスをしても、次もミスを重ねることは滅多にしませんよね。

アマチュアは逆で、1度ミスすると、大たたきに繋がることが多い傾向にあります。

まぁ、ミスしたあとの判断がマズいということもあるでしょうが、それはここでは置いておきます。また別の機会に。

 

自分のミスの傾向を日ごろから自覚していると、こういうボールが出たときはこうすればいいという対策を打つことができます。

また、例えば、自分の歩くテンポや好きな歌のテンポに合わせてスイングリズムを作ることで、リズムを安定させたり、狂ったリズムを取り戻すなどということもできそうです。

異なるクラブで同じリズムでショットする練習なんかも効果的です。

こういう練習をするとき、ミスが出ても気にしてはダメ。

とにかくすべてのクラブで、同じリズム、同じ振り幅でスイングすることを意識します。

 

そして、前にも書きましたが、良い1打も悪い1打も、次に引きずらないことも私は重要だと思っています。

強烈なイメージが残る1打というのはたまにありますが、特にトラブルショットなどでいつもと違う打ち方をしたあと、そのイメージが残ったままだと、次のショットで自然と体が反応してしまって、普段はしないようなミスが出てしまう。

そういう事態を避けるためにも、前の1打は良くも悪くも忘れてしまうのが最善。

 

こういうメンタル面がコントロールできていないと、なかなか同じリズム・スイングを保つことはできませんから、よかったら意識してみてくださいね。

 

 


【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法