グリップは自分の体とクラブをつなぐ唯一の接点。

最終的にクラブがどう動くかはグリップ次第といっても過言ではありません。

グリップの仕方には色々と種類がありますが、何が自分に合ってるかを探すことはもちろん、どういうグリップにするとどうなりやすいのかということを知っておく必要があります。

そのためには、パターと通常のグリップを比較すると分かりやすいです。

 

ところで、パターも通常のショットと同じグリップだという人はいらっしゃいますか?

たまにいますけど、少数派ですよね。

これ、なぜかと言えば、目的が違うからです。

普通のショットでは、ヘッドスピードを効率よく上げることが基本になります。

そのために、クラブとの接点となる手首は効率よく動くようになっている必要があります。

 

一方、パターは、手首が動き過ぎると安定したストロークができなくなるので、手元とクラブが同じスピードで動いてくれるようなグリップが理想的です。

だから、パターのオーソドックスなグリップは、右利きの場合なら、左手の甲が目標を向くくらいのウィークグリップになっています。

両手でグリップを挟むような形で、手首が動きづらい形になっているわけです。

ちなみに、手首が動きやすいグリップで、短い距離を打とうとすると、手首を固めるために力が入ってしまうので、パンチが入ったり、思った方向に打てなかったりしがちです。

 

この2つの両極端な目的とグリップの役割を、頭の片隅に置いておいてください。

 

次に、実際にクラブをもって、腕は力の入らない範囲でまっすぐ伸ばしたまま、肩の高さまで上げて、クラブは地面に対して垂直になるように立ててみて下さい。

この時できるだけ腕と手の力は抜きます。

それでもクラブを支えていられる形が、あなたにとっての正しいグリップに近い形です。

 

力が入っていないと言っても、これは主観であって、本当に抜けているかどうかは分かりづらいものなので、上の方法で出来上がったグリップが、果たして手首は動きやすいのかとか、チェックして頂いた方が良いと思います。

 

パターも含めて、すべてのクラブに共通していることは、スイング中、グリップに力が入らないようにすること。

そのためには、単に力を抜くだけではなく、力を入れる必要のない形を探すことが重要です。

 

 

 

 


【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法