今日から何回かに分けて、ゴルフスイングの悩みの根本について書いていきたいと思います。

下に挙げる悩みの原因は全て1つの図に集約されます。

・スライスが治らない

・飛距離が出ない

・体のどこかを痛めている

・力んでしまう

・スウェーが治らない

・手打ちになっていると感じる

・ダフリとトップが治らない

などなど。。

 

これらの悩みは、初心者のうちに擦りこまれた方向感覚と飛球線のずれによるものだと私は思っています。

下の図をご覧ください。

kakudo.jpg

 

分かりづらいかもしれませんが、赤い線が飛球線、緑の線が理想的なスタンスの方向を表しています。

青い線はターゲットを確認する際の目線です。

 

アベレージゴルファーのほとんどが、目標より右を向いているというのは有名な話ですが、すべての悩みはここから生まれていると断言できます。

 

仮に、ターゲットに向かってスタンスしてスイングするとします。

本来、ターゲットより右を向いているということは、ターゲットより右にボールが着地したらナイスショットです。

が、本人に右を向いているという自覚がないので、しばらくすると、手だけで飛球線にボールを飛ばそうとし始めます。

ここで、体の動きと手の動きのベクトルが、上の青い線と赤い線のようにバラバラになってしまいます。

そのため、ボールに伝わるエネルギーは分散しますから、飛距離は出ませんし、右を向いてるのに手元を左に振るので、フェースを返すとそのまま左に飛んでしまいますから、返すことができずに、極端なカット打ちになりやすい。

さらに、この打ち方ですとリーディングエッジからクラブを地面に突き刺すような動きになりやすいので、少しでもダフると大きなミスに繋がりやすい。

それを嫌ってアッパーブローで振るようになって、たまにナイスショット、ほとんどトップ、下手するとダフリ、というスイングが出来上がってしまうわけです。

 

スウェーについても、上に書いたように、そのままフェースローテーションを使って振るとボールが左に飛ぶことが無意識でわかっているので、体を左(飛球線方向)に流して、フェースをターンさせないようにしようとしていると説明することができます。

軸を作っちゃうとターゲット方向に飛ばないわけですね。

 

力んでしまう点についても、飛びづらい打ち方をしているから、飛ばそうとして力んでしまうと。。

 

長々と書きましたが、これらの悩みはスタンスの方向とターゲットとの位置関係を見直すだけで、著しく改善する可能性があります。

試しに、今度練習場に行ったら、ボールの後方からターゲットを確認した後、アドレスする位置の真後ろから自分が向くべき方向を確認して、スイングしてみてください。

これまでと、スイングのイメージが全く変わるはずです。

 


【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法