どうしてもアーリーリリースになってしまって、タメが作れないと悩んでいる人は多いと思います。

決してアクセスが多くないこのブログにさえ、「タメができない」「アーリーリリースの直し方」といった検索で来てくれる人がいるくらいです。

さて、先日より1つのテーマに沿って記事を投稿していますので、今回もまずはこの図をご覧ください。

kakudo.jpg

 

画像でかいですよね・・・(爆)

ごめんなさい。。

この図についての詳しい説明は長くなるので、よろしければ、先にこちらの記事をご覧ください。

さて、この図とアーリーリリースがどう関係してくるのかといいますと・・・

アマチュアゴルファーの大半は、本来、理想とされる方向よりも右(右利きの場合)に向かってアドレスしています。

上の図で言う緑の線が理想的なアドレスの向き青い線がターゲットに向いてしまった場合の悪いアドレスの向きだと考えて下さい。

アドレスがターゲット方向に向いてしまった場合にも、打ちたい方向は変わりません。

また、アドレスではまっすぐ構えられていても、打ちたい方向に向かって体が動いてしまった場合も同じです。

本来打ちたい方向より右を向いているにもかかわらず、目標方向に球を飛ばそうとするとどうなるか?

手で何とかしようとするわけです。

 

具体的にどうしようとするかというと・・・

まず、目標方向にボールを飛ばせるように、手元で調整します。

体は極端なクローズ(特に肩の向きに注意)になっているので、そのまま素直にスイングすると、目標に対してはインサイドアウトの軌道になるところを、理想の軌道に持って行くわけですので、体に対して極端なアウトサイドインになるように、手元を外から降ろしてくるようになります。

この時点でコックを維持することは難しくなります。

実際にやって頂くと分かりますが、極端に手元をアウトサイドから降ろそうとすると、右手が被ったり、手首が伸びたり、脇がどうしても開いてしまうといった、ゴルフスイングに置いてあまり良しとされない動きが満載になります。

なおかつ、仮にコックを維持してアーリーリリースを免れたとしても、目標に対して正しくアドレスができていないですから、そのまま素直にクラブをリリースすると、引っかけるか、大きなスライスになるか・・・いずれにしてもミスショットが出るだけです。

それを嫌がって、あまりフェースローテーションを使わないようになります。

クラブヘッドをローテーションさせないためには、アーリーリリースしてしまって、フェースの向きをできるだけ目標方向に向けたままスイングするのが簡単です。

インパクト前後のヘッドの運動量を落として、手元でコントロールしようとするわけです。

クラブを棒みたいに扱うと言いますか・・・

そうすると、ある程度方向は安定しますが、飛距離は出ません。

そして、力んだ状態でスイングするので、ダフリやトップが頻発します。

 

というわけで、アーリーリリースを直そうと思ったら、手元を意識するよりも、まずはアドレスの方向を確認することが大事です。

その結果、今まで右を向いていた(右利きの場合です)人は、スイングのイメージがガラリと変わるはず。

ちゃんと構えられると、クラブをインサイドから降ろすイメージが出てくるはずなので、アーリーリリースになっているかどうかは、そのあともう一度見直してもらうといいかと思います。

 

アーリーリリース改善についてはこちらの記事も併せて読んで頂くと何かヒントが見つかるかもしれません。

 ↓

アーリーリリース予防法と練習法

 

 


【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法