マッスルバックアイアン、かっこいいですよね。


私はずっとツアーステージのX-ブレード(2005年モデル)を使ってます。


今でも覚えてますけど、たまたま立ち寄ったゴルフドゥの店舗で、カッコよさに一目ぼれして、試打もそこそこに中古で購入したんですよ。

2005年モデルですが、買ったのは2008年くらいだったと記憶してます。

完全に見た目重視!(笑)X-ブレードはほんとかっこいい。

 

もう長いこと変えてません。

 

そんな私ですが、別に特別ショットがうまいわけではなく、むしろマッスルバックを使ったことでスコア的には遠回りしたと思います。


それまで使っていた初心者向けのフルキャビティーと比べると、1.5番手~2番手くらい飛距離が落ちたし、マッスルバックはミスの許容範囲が狭いので、ミスショットも増えました。

それまで7Iで150Yは飛んでたのが140Y行くかどうかみたいな感じでしたから、残り距離に応じた番手を持ったつもりが全然短いという時期がそこそこありましたね。

残り130Yで7Iを持ってもオーバーしそうでフルショットできない・・・みたいな。。

 

今は7Iで150Y飛ぶようになりましたけど、たぶんフルキャビティーならもっと飛ぶんだと思います。

 

こうやって書いてると、マッスルバックいいとこ無しに見えますけど、実際、練習量の少ないアベレージゴルファーにはあまりメリットはないと思います。


ただね・・・マッスルバックにもやっぱり魅力がありまして、ちょっと慣れるとキャビティーに戻れないんですよ・・・

 

何がいいって、打感がいいのはもちろんなんですけど、というか集約すると打感しかないですね(笑)


たまに友人のキャビティーを打たせてもらうことがあるんですけど、フェースのどこにボールが当たってるかがマッスルバックに比べると凄くぼんやりしていて、「あ、ミスった!」と思っても、ある程度思った方向に飛んでくれるところはいいんですけども、逆に言うと思ったのと違う球が出ていく気持ち悪さみたいなものを感じるようになりました。


まぁ、いいスコアでラウンドしたいだけならアベレージゴルファーは基本的にキャビティーがいいと思います。

ただ、そこに難しいなりの達成感だったり自己満足を感じたい人はどんどんマッスルバックにチャレンジすべき!


何よりやっぱり見た目がカッコいいですし!!



 

マッスルバックが合う人


マッスルバックと優し目のキャビティーだと重心位置が違います。


初心者向けのフルキャビティーは重心が低く、フェースの後ろ側に寄っています。

このため、フェースが上を向きやすく、高い球が出やすい傾向にあります。


一方、マッスルバックは重心位置が高いので低い球が出やすい傾向があります。


プロみたいな低い打ち出しで、バックスピンで高さを出すような打ち方ができる人は、マッスルバックの方が向いてます。


「なんか最近、フケ球が出るなー」とか思っている人は、マッスルバックを試してみると良いかもしれません。


また、マッスルバックはヘッドが小さ目ですから、ヘッドが大き目なアイアンに比べるとフェース操作がしやすいです。


この点はメリットになり得ますが、デメリットにもなりますね。


マッスルバックは技術の差が出やすいと言われるポイントの一つがこれだと思います。


まとめ

本当に正直なところを書くと、アベレージゴルファーはマッスルバックを使うメリットはほとんどないと思います。


私自身、もともと使っていたテーラーメイドのr7 に何度戻そうと思ったか知れません。


「いや、戻せよ」


と、思われるでしょうが、x-ブレードを購入するときに、r7を売ってしまったのです。。


これは少し後悔してます。


マッスルバックは初心者向けのフルキャビティーとは別物です。


マッスルバックへの移行を考えている方は、とりあえず手元のクラブは置いておくことをお勧めします!


退路を断つ意味では私のように売ってしまうのもアリですけど・・・w


しかし、マッスルバックでうまく打てた時の達成感は凄いですし、ちょっとした感触の違いがダイレクトに伝わってくるのも病みつきになります。


私はかなり古いクラブを使っていますが、最近のマッスルバックは優しくなっているとも聞きますし、マッスルバックがカッコイイ!!マッスルバックでゴルフがしたい!!と、思っている方は1度はトライしても良いのではないでしょうか。


好きなものを使うと気分が盛り上がりますしね!



【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法