ラウンドでは、普段練習しているのと違うシューズを使うという人もいると思いますが、これは要注意です。

言うまでも無く、足裏の感覚というのは凄く繊細で、細かな傾斜にも敏感に、無意識的に反応します。

 

シューズにはメーカーによって少しかかとが高くなってるものがあったり、幅が広かったり狭かったり、甲の高さが違ったりと様々な特徴があります。

これらすべての特徴が、ラウンド中の平衡感覚に影響すると考えて間違いありません。

ちょっとした、自覚すら無いような違和感からミスショットは生まれます。

 

つまり、何が言いたいかというと、練習中もラウンドで使うシューズを使いましょうということ。

 

スパイクが取れたまま練習してたなら、本番でもそのまま使った方がいいし、靴紐も普段結びなおさないで履くならラウンドでもそうするべき。

ラウンドだからと気合を入れて、いつもと違うことをしないということですね。深い(笑)

 

私は結構シューズには気を遣ってます。

 

特に、履いた時に感じる高さは、買うときに何度も確認してます。

ゴルフショップなら、靴を履いて試打させてくれますから、やったことが無い方は店員さんに聞いてみるといいですよ。

安い買い物でもないですから、テストは念入りに・・・です。

 

 


【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法