マッスルバックとキャビティーでスイングは変わるか?

 

クラブにもよってきますけど、基本的に変わると思って間違いありません。

なぜなら、クラブの重心位置が、マッスルバックとキャビティーで異なるからです。

 

特にフルキャビティーに代表される、主に初心者向けとされるアイアンの場合、ボールが高く上がりやすいように、低重心で、バックフェース側に重心があります。

要は、フェースが上を向きやすく、さらに捕まりやすくなっているわけです。

 

これに対して、マッスルバックに代表される、上級者向けのアイアンの場合、重心位置は初心者向けのものより高い位置に設定されていることが多いです。

高い位置と言うと語弊がありますね。。

 

初心者向けのものが、フェースが上を向きやすいよう設計されているだけなので、上級者向けのものが適正の重心位置だと考えて頂くと良いかもしれません。

 

 

自分に適しているクラブはどっち?

 

優しいクラブを使っていて、どうにもボールが上がり過ぎるとか、フケるといった悩みがある人は、上級者向けのクラブにすると、イメージに近い球が出るようになるかもしれません。

逆に、初めて買ったクラブで、どうにもボールが高く上がらないと思ったら、できるだけ優しいクラブに変えることで解決できる部分はあるはずです。

 

練習場で、自分の打ちだし角と、最終的なボールの高さ・強さをよく観察して、自分にあったクラブを選ぶといいと思います。

 

あと、これは私の場合ですが、グースがキツく見えるクラブは、構えたときに違和感があってダメです。。

たぶん、卓球の経験があるからだと自己分析してますが、ストレートネックの方がイメージが出ます。

 

これまでの競技経験なども当然影響すると思いますので、初心者だからとか上級者だからといったことはとりあえず置いておいて、気持ちよく打てるのはどちらかを試すことも大事ですね。

 

 

上級者向けのクラブが使えるようにならないとダメってこと?

 

初心者向け、上級者向け、と書くと、上級者向けでいずれは打てるようにならないといけないと思われそうですが、全くそんなことはありません。

クラブは日々進化していて、遠くに飛びやすく、ボールは上がりやすくなっていっています。

ドライバーもこの傾向で進化しています。

 

つまり、初心者向けのクラブに合ったスイングを追及していっても、それに合った道具がある以上、全く問題ないわけです。

 

むしろ、今まで上級者向けと言われていたクラブは、なんというか・・・前時代的とでも言った方がいいのかもしれないとすら思います。

 

私も2005年のXブレードをいまだに使ってるわけですけども。。汗

 

 

結論

最近の優しいクラブが適しているスイングにも、そうでないスイングにも一長一短はそれぞれあります。

どちらがいいか悪いかは別として、自分がどちら寄りなのかは知っておくべきでしょう。

 

なお、私感ではありますが、私は日ごろマッスルバックを使っていて、キャビティーをたまに打つと凄く優しく感じますので、中古でもいいので、練習用に1本はマッスルバックを持っておくといいかもしれません。

芯に当たった時、外した時の差が顕著に出ますので、ミート率アップの練習には効果的だと思います。

 

 


【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法