ゴルフスイングのコツとして、目の前に積まれた瓦を拳(パンチ)で割る、いわゆる「瓦割り」の動きが挙げられることは多く、私も初心者の時から知っていはいましたが、最近になってこの例えの深さに気づきました。
 
 

瓦割りなら絶対ダフらない

 

 
上の動画は瓦割をしている人を正面から撮影したものですが、体の使い方がゴルフと似てます。
ただ、瓦割を本気でやろうとすると、全体重を拳に乗せて地面まで届くようなイメージになりますが、ゴルフにおいてはこれはNG。
 
イメージは瓦の表面を思い切り叩くか、あるいは思い切り寸止めする感じです。
 
目の前に積まれた瓦に利き手の拳を据えて、腰を落とす。
 
腰の位置をキープしたまま、瓦の表面を拳で叩く。
 
 
このイメージで何度か実際に体を動かします。
 
 
そしたら次に、いつも通りアドレスしますが、この時、利き手の位置を良く意識して下さい。
 
その利き手の位置に瓦がある。
 
アドレス時の利き手の位置でパンチを寸止めする。
 
 
これならアドレスより右肩が下がることもないし、手元の位置も変わらないので、理論上ダフることがない・・・
 
しかも体の動かし方、特に肩の回し方はゴルフスイングをするよりはるかに分かりやすい。
 
 
ひざの伸び上がりや左右への無駄が動きが防げるのはもちろん、ボールに向かって力を集約するイメージも出やすい。。
 

フォローはどうするの??

 
 
瓦割じゃフォローのイメージが出ないと思われる方もいると思います。
 
でもフォローはスイングの流れで、私の理解ではクラブの運動量を逃がすためのもの。
 
瓦割のイメージでパーン!と寸止めしたら、あとはクラブが勝手にフォローに向かって動いてくれます。
 

シャドースイングの音が変わります

 
ちなみに、私は最近自宅で毎晩、瓦割の動きとシャドースイングを繰り返してますが、シャドースイングの風切り音が凄いです・・・
 
やっぱりゴルフって方向だったりいろんなことを考えて動くので、知らず知らずのうちに力をセーブしてしまってるんだなと実感できました。
 
ただ拳で瓦をたたくことだけ考えた動きの方が、スムーズだし力強い。
 
 
しばらくはこのイメージを大事に練習してみます。
 
 
自分的には大発見・・・
 
 

【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法