急に思ったような球が打てなくなって、クラブを買い替えるなんて言う経験は、ゴルファーなら誰でもあると思います。
 
 
一応、私が知っているクラブ買い替えの鉄則がありまして、それは調子が悪い時に買い替えないことです。
 
調子が悪い時にクラブを変えると、調子が戻るとすぐに合わなくなりますし、最悪、悪い癖が定着することにも繋がるためです。
 
 
ただ、ゴルフは道具を使うスポーツですから、道具の良し悪し、合う・合わないが重要なのも確かです。
 
 

じゃあ、いつ変えるのがベストなんだ?

 
クラブ買い替えのタイミングとして最適なのは、自分自身の好不調に関わらず、イメージ通りの弾道が得られなくなった時だと思います。
 
 
体力・技術の変化によって実際に弾道が変わってしまうこともあれば、理想とする球筋が変わることもあるでしょう。
 
 
イメージと結果のズレが大きくなると、スイングに無理が生じますから、道具で解決できるなら解決してしまうのが上達への近道だと私は思います。
 

クラブで解決するかどうかの見極め方

 
今、抱えている悩み、イメージと結果のズレが果たして道具で解決するものなのか?
 
クラブを買い替えると言っても安いものではないし、できたら大きな出費は押さえたい・・・ですよね。
 
 
ここで私がいつも考えるのが、果たしてこの悩みはクラブを買い替えてまで解決すべきものなのか?です。
 
これを言ったら元も子も無いですけど、我々アマチュアゴルファーには妥協するという手段が常に残されてます。
 
今、手元にあるクラブでどこまでできるか挑戦するのもゴルフの楽しみと考えることができるならそれはそれでOKだと思います。
 
その結果、さらに上達できることもあるでしょう。
 
私なんかは、クラブよりもスイング理論の勉強に投資したいタイプなので、どちらかというと道具は二の次です。
 
 
このあたりのことを考えた上で、どうしてもスコアアップしたい、今の道具では絶対に思ったような球が打てないと思うなら、ゴルフへのモチベーション維持のためにも買い替えのタイミングと思って間違いありません。
 
 
 

クラブを変えて調子を崩すのも怖い

 
クラブを変えて意気揚々と練習場に行ってみると、どうにも試打とイメージが違う・・・なんていうこともありますよね。
 
こういう時のために、できればもともと使ってたクラブは残しておくといいですが、下取りに出してしまうことも多い・・・汗
 
早く新しいクラブが欲しい!試したい!その気持ちはよーく分かりますが、やっぱり今使っているクラブはしばらくは手元に置いておくのがベターです。
 
私の経験を踏まえても絶対に、今使ってるクラブは残すべき!
 
新しいクラブがどうも違うなと思ったとき、クラブが合わないかどうか比べられるって、やっぱり大きいですから。
 
これは強くお勧めしたいです。
 
 

【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法