最近、家練(いえれん:家の中で練習することを私はこう呼んでます)にハマってます。
これが本当に気づくことが多い!!
 
特に、日に日にインパクトが安定してくるのが分かるので、かなりおススメです。
 
今日は家練のコツを色々と書いていきます(^^)
 

悲惨な家練の思い出

 
初心者の頃は、よく家練をやってたのですが、窓ガラスを割ったり、障子を破いたりした挙げ句、天井が低いもんだから、スイングにもおかしなクセがついてしまいまして・・・(^_^;)
 
いいこと無しだったので、家の中でボールを打つのは止めていました。
 
当時は、家の中であるにもかかわらず、クォータースイングでかなり勢いよく打ってましたから、若かったとはいえ狂ってましたね。我ながら。。
 
ちなみに、当時の的は、折り畳んだ状態の段ボールを3枚重ねたものに、布団をかけたというものでした。
 
シャンクするとゾクッとしたものです。。
 
 

大人の家練、再開!

 
そんな私が、ふと思い立って、10年以上ぶりに、家練を再開しました。
ごく短いアプローチの練習だけするようになったんですね。
 
こんな感じでマットレスに向かって打ってます。
 ↓
 
 
コツは、布団カバーをたるませておくこと!
これでボールの跳ね返りを防げます。
 
ボールが跳ね返ると、イチイチ取りに行かないといけないし、フローリングをゴルフボールが転がる音は、なかなかにうるさいので。。
 
ちなみに我が家はマンションの1階なので、近所迷惑にはそこまで気を遣わずに済みますが、それでもボールが転がる音は気になります。
 
 
練習で使うのは56度のウェッジと7番アイアン。
 
それぞれ腰から腰まで行かないくらいのショートスイングで、特にウェッジではごく短い距離のアプローチをイメージして練習してます。
 
 
実は最初、この練習がうまくできませんでした。
 
そもそも私はスイングオタクで、打ちっぱなしが大好きな人間。
 
フルスイングにしか興味が無かった時期が長く、アプローチは今もあまり好きではありません。。
 
20Yもあれば、それなりに振れるので何とか打てるんですけども、20Y未満のアプローチがひどく苦手。。
 
ちょんっていうイメージが出せないんです。
 
パンチが入ったり、ザックリしたりなんて日常茶飯事ですから。
 
だからいつまで経っても80が切れないわけです(^_^;)
 
それもあって、そろそろ真面目に練習しようと家でアプローチを練習することにしたのです。
 

家練で気付いたこと

 
家練を始めて10日ほどですが、本当に色々なことに気付けています。
 
・まだまだ手打ちだったこと
・インパクトのイメージが変わった
・体で打てるとインパクトが安定する
・調子がいい時は、ボールがフェースに乗り、それを運んでる感覚が得られる
・腕の力を完全に抜く感覚が得られた
 
などなど。
 
 
ここ数日のテーマは、スイング中、肩に一切力を入れないこと。
 
肩が完全に脱力してると、腹筋や腰回りを使うようになるんですけど、これを体感できたのは大きいなと感じてます。
 
特に、バックスイングの途中で切り返すようなイメージを持つと、足腰からうまく体を使ってスイングできるような感覚があって、これをひたすら練習しています。
 
 
あと、昨日新たに取り入れた動きが、体の前後のバランスを調整するのに凄く良い!
 
どうしているかというと、腰より低いくらいの位置までバックスイングしたら、一旦そこで止めて、自分のバランスをチェックします。
 
そのままバランスを崩さずにインパクトするイメージを持って、体重のかかり具合を調整してからスイングすると、ミート率が上がるんですよ。
 
私の場合は、これまでよりも直立する感覚でスイングするといい感じです。
(今までつま先体重過ぎた・・・)
 
バランスが取れてるから、クラブが戻ってくるまで余裕をもって待てるし、スイングに余裕が生まれますね。
 
なんか偉そうに色々言ってますけど、まだ成果がどう出るかは分かりません。。
 
ただ、好感触です。
 
 

なぜ家練でこんなにも色々気づくのか?

 
家練に限らない話ですけど、飛距離や方向に気を取られずに、体の動きだけに集中して練習できるのはやっぱりいいです
 
どうしたらインパクトを安定させられるかの1点に絞った練習ができます。
 
そのためにはやっぱり、力みは禁物
 
できるだけ体幹を使って、クラブの動きに任せて振ると、自然とミートできる感覚が分かりかけてます。
 
 
家練もいいですが、最短で上達したい方にはこちらの記事もお勧めです。
 
最近話題の、3ヶ月で100切りを達成できるDVD教材を紹介してますが、本当に大事な事がシンプルにまとめられていて、ものすごく分かりやすいです。
 
値段も手ごろなので、よかったら↑の記事も読んで下さいね。
 

【人気記事】
なかなか100を切れなかった私が80台で回れるまでに上達したきっかけになった記事です。良かったら読んで下さい。
↓↓↓
アーリーリリース予防法と練習法