スライス対策 一覧

よくダフる人、ダウンスイングでクラブが寝る人、スライスで悩んでいる人は、この記事必見です。   上に挙げたような代表的なミスの原因として考えられるのが、切り替えし以降、右腰が下がっていることです。   右腰が下がると、次のようなことが起こります。     症状1、インパクト前に左肩が上がってしまう   右腰が下がるということは... 続きを読む

スライスの原因は、基本的にアウトサイド・インのスイング軌道にあるわけですが、どうやったらアウトサイド・インになってしまうかというと、上半身から切り返すと、必然的にクラブはアウトサイドから降りてしまいます。 試して頂くとすぐにわかるはずです。 トップの形を作って、上半身からダウンスイングしてみて下さい。 切り替えし直後には、もうアウトサイドからクラブを降ろすしかない形になってし... 続きを読む

スライスで悩んでいる人の多くは、体が飛球線方向に突っ込んでしまっています。突っ込む原因として、体重移動を過度に行ってしまっている可能性があります。例えば、左足1本で立とうとしたとき、左足の真上に頭が来ないと、倒れてしまいますよね?ゴルフスイングにおいて、ビハインド・ザ・ボールは基本中の基本です。インパクトの瞬間まで、ボールより頭が飛球線方向に飛び出してしまってはいけないんです。インパクト以前に左足... 続きを読む

スライスの原因のひとつに、ハンドレートでインパクトしている可能性が挙げられます。つまり、ヘッドがリリースされるのが早すぎて、ロフトが寝た状態でヒットしてしまっているということです。ロフトが寝ると、ライ角の兼ね合いで、フェースは開いてしまうので、高くあがる力のないスライスボールが出てしまうというわけです。これを改善するには、ハンドファーストでインパクトする必要があります。ゴルフネットワークで見たドリ... 続きを読む

スライスの原因として、体の向きについては良くいわれていますが、意外と軽視されやすいのが、球位置です。プロゴルファーですら、ボールの位置がボール半個分ずれただけで、調子を崩すことがあるらしいです。右利きの人が、右足よりにボールをセットすると、クラブが上から鋭角に入ってくるので、低いボールになりやすく、ドローが出やすくなります。低いボールになるということは、それだけロフトが立ってヒットすることになるん... 続きを読む

スライスで悩むのは、多くのゴルファーにとって、通過儀礼のようなものだと思います。僕も100を切るのにかかった5年間、ひどいスライスに悩み続けました。。ドライバーショットが50ヤードくらい先の林に、真横から突っ込むなんて、ザラでしたからね。。ティーショットをするのが嫌で嫌で仕方なかったくらいです。でも、コンスタントに100を切れるくらいになったときも、持ち球は大きなスライスだったんです。あるとき気付... 続きを読む

先日球筋は9割方ポスチャーで決まるという記事を書きましたが、アベレージゴルファーのスライスはまさにポスチャー(アドレス)を見直すことが第一です。 初心者は大体、目標より右を向いて構えると言われています。(右利きの場合) 自分も長年そうでしたが・・・汗 5年くらいスライスには悩まされました。。 一説によると、利き目が右の人が多いからだとか言われていますが、本当のところどうなのかは分かりま... 続きを読む

スライスで悩むアベレージゴルファーは多いと思います。 という私も、こすり球で悩んでいる一人ですが・・・汗 本当に始めたばかりのころは、ドライバーが大の苦手で、ほとんど90度に近い角度でスライスしてました。。 「お前、ドライバー打つな!」と言われながらラウンドしたものです。 さて、昔話は置いておいて、スライスで悩む前に、まずどうやったらスライスになるのかを知っておかないといけません。 インパクトの瞬... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索