グリップ 一覧

前回の記事の続きです。 というか、書き忘れです。 よく「グリップの力を抜け」と言われますけど、そもそもグリップの形に欠点があったら、力は抜けないんですよね。 クラブが落ちてしまいますから。 クラブを支えるための最小限の力というのは、グリップの形や、脇の締まり具合はもちろん、全身のバランスがどうなっているかによってくるので、単に「力を抜け」といったところで、そのままの形では不可能な場合が... 続きを読む

グリップは自分の体とクラブをつなぐ唯一の接点。 最終的にクラブがどう動くかはグリップ次第といっても過言ではありません。 グリップの仕方には色々と種類がありますが、何が自分に合ってるかを探すことはもちろん、どういうグリップにするとどうなりやすいのかということを知っておく必要があります。 そのためには、パターと通常のグリップを比較すると分かりやすいです。   ところで、パターも... 続きを読む

グリップの形や握り具合で悩み続けて、つい先日ようやくいい方法を編み出しました。 これは絶対にいい方法なので、是非試してみてください。 まず、手のひらを上に向けて、腕を伸ばしたまま肩の高さに上げます。 そうすると、肘の内側が上を向くはずです。 この形が確認できたら、ショートアイアンを実際にグリップして、肘の向きに気を付けて、先ほどと同じように肩の高さまで手を挙げていきます。 この時、腕は伸ばしたまま... 続きを読む

数年前、デカヘッドドライバーが出始めたころは、フェースが返りづらいという理由で、フックグリップが勧められた時期がありました。 フックグリップを表現するとき、「右手は下から持つような感じ」という人がいます。 しかし、これは、上から持つ持ち方を知っているから意味がある言葉です。 上からグリップできないのに、下から持てと言われると、人体の構造的に無理のあるグリップになってしまいかねません。 正しいグリッ... 続きを読む

久々の更新です。 ここ最近は例によって特に重心と姿勢に気をつけて練習してきました。 特に体が突っ込むクセのせいで首が痛くなってきたので、首を吊られているようなイメージで姿勢を保ってスイングするようにしています。 こうやって色々とスイングについては試していますが、つい一昨日、グリップひとつでスイングってこんなに簡単になるの?という体験があったので、記録がてら記事にしておきたいと思います。 あれは、タ... 続きを読む

今月号のGolf メカニックで片山晋吾選手のコーチである谷コーチが、フックグリップを勧めていた。 たしかに、近年のドライバーは重心距離が長いので、フェースが開きやすく閉じ辛い傾向があることは知っていたし、フェースを開かせないようにするためにはフック気味にグリップした方が良いという理屈も分かる。 でも、大好きなタイガー・ウッズは、ほぼスクエアグリップ。 やっぱり真似したくなるじゃないですか。 という... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索