クラブの構造とスイング 一覧

タイガー・ウッズのアイアンショットと言えば超一流、特にトラブルショットで見せるショットは神業としか言いようがありませんよね。   でも何故かドライバーはあっちこっちに曲がってしまう。。   石川選手も似たようなところがあると思います。   何故かというと、私は、原因はクラブの進化にあると思っています。   ドライバーのヘッド体積が大きくな... 続きを読む

前々回とその前の記事で、ダフらないためにはソールをうまく使うことが一番大事だというようなことを書きました。 ソールをうまく滑らせることができれば、多少のダフリでは大きなミスにならないということで、フェースの向きとソールの接地具合が分かるような写真を用意してみました。   写真の白い線を飛球線として見比べていきます。   ■ フェースが飛球線に対してスクエアな状態 ... 続きを読む

アプローチでザックリやどトップが出る原因は、クラブのソールを使えていないことが原因だと思っています。   クラブの構造上、アウトサイド・インの軌道で振ってしまうと、ソールが利かなくなります。 リーディングエッジから地面に突き刺さるような現象が起きてしますんですね。   つまり、ソールが使えないと、ミスったときに取り返しがつかない大事故になってしまうんです。 &n... 続きを読む

最近書いていることと重なりますが、シャフトのしなり戻りを意識すると、途端にボールがつかまりだすことがあります。   クラブを棒のようにつかってしまうと、フェースを閉じることでしかボールはつかまりませんが、シャフトのしなりを使えると、インパクト前後でヘッドスピードが加速しやすくなるので、ボールがフェースにくっついている時間が長くなります。   ボールとフェースが長くつ... 続きを読む

この前の記事で、シャフトのしなりを感じながらスイングできれば、それはある程度正しいスイングになってるはずだと書きました。   これについて補足です。   もしかしたら、この練習をすることで、ひっかけばかり出るようになる方がいらっしゃるかもしれません。   それは、これまでしなりを使わずに、打ってきた結果なので、気にせずにそのまま練習してみて下さい。 ... 続きを読む

クラブのシャフトはしなるようにできています。 しなりをうまく使えないと、どんなに体を酷使しても、なかなか飛距離は伸びません。   女子プロと平均的なアベレージゴルファーのヘッドスピードはほぼ同じなのに、女子プロの方が飛距離が出せるのは、うまくシャフトをしならせているからなんですね。   シャフトをしならせるには、ヘッドが動く方向とは逆の方向に、グリップに力が加わら... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索