スイング理論 一覧

「打ちに行かないで、スイングすることに集中しろ」「綺麗なフィニッシュをとることを意識しろ」こんなことがよく言われますよね。間違っているとは言いませんが、フィニッシュを意識しすぎるとすくい打ちになるような気がしてなりません。どうしても下から上の動きが染みついてしまいそうで・・・現に、私は素振りをする時、できるだけスイングの最下点で体の動きを止めるような動きを意識します。打って終わり。スイングの最下点... 続きを読む

スイング中の力みの原因は、色々と考えられますが、私は意外と姿勢が原因であることが多いのではないかと思っています。   単に姿勢と言ってしまうのも語弊があるかもしれませんが、本当に正しい姿勢で普段から生活できている人はごく一部だと思うのです。   人間の骨格は複雑であるがゆえに、いくらでも歪んでいきます。   姿勢がゆがむと、その歪みで崩れたバランスを取... 続きを読む

前回の記事で、左脇を締めることの重要性に気づいて改めてその意味を考えました。     言うまでもなく、ゴルフボールを打つのは、クラブのヘッドです。   インパクトの瞬間、クラブヘッドがもっているエネルギーの大きさと、ボールへのコンタクトの仕方で飛距離は決まります。 どんなに速く体が回っていても、クラブが動いていなかったらボールは飛びません。 &nbs... 続きを読む

脇を締めるというのは、ゴルフスイングの基本ではありますが、アマチュアでできてる人は、たぶん20%以下だと思います。 かくいう私も、全然できてません・・・   ちょうど昨日の夜、打ちっぱなしで見かけた夫婦が、かなりうまかったのですが、2人とも見事に左脇が締まってて、ゆっくり振ってるように見えるのに、ヘッドの加速が半端じゃないんです。   その夫婦や、改めて見直したプ... 続きを読む

手打ちになってるかどうかを簡単にチェックできる方法として、へその向きを確認するという方法があります。ベルトのバックルの向きっていう人も多いです。つまり、バックスイングとフォローサイドで腰が回ってるかどうかを、へそを基準にしてチェックするということです。ここで有村選手の画像を観てみます。バックスイングのいい画像が見つからなかったんですが、この写真でもへそが斜め後ろを向いてることが分かると思います。そ... 続きを読む

最近、調子が悪すぎて書くことがありませんでした・・・汗   結局のところ左一軸を練習した結果、体重移動がうまくできなくなっていたことが大きな原因でした。   もともとスウェーがきつかったこともあって、体重移動はほとんどしないように意識していたので、まぁ練習の成果が出てきたと思うこともできますかね。   少し体重を右に移して左に移してという意識をしてみた... 続きを読む

昨年、この記事で紹介したDVDで練習してから、メキメキと上達してきた私ですが、最近どうにも調子が悪くて困っています。。   スコアにすると、平均90前後といったところですかね・・・   あまりに色々気にしすぎたからだということは明白なので、初心にかえることにしました。   上達のきっかけになった「アーリーリリース撲滅プログラム」を久々に見ながら練習して... 続きを読む

アプローチでザックリやどトップが出る原因は、クラブのソールを使えていないことが原因だと思っています。   クラブの構造上、アウトサイド・インの軌道で振ってしまうと、ソールが利かなくなります。 リーディングエッジから地面に突き刺さるような現象が起きてしますんですね。   つまり、ソールが使えないと、ミスったときに取り返しがつかない大事故になってしまうんです。 &n... 続きを読む

ショットよりもグリーン周りがスコアに直結することが分かっていても、カッコいいショットに憧れてしまうのは私だけではないでしょう。今年に入ってから、ゴルフ仲間にスイングや球筋を褒められるようになって、少しいい気になってます。昨年の11月くらいまでは、それはもうひどい状態で、一進一退どころか、長いことシャンク地獄に陥ったり、もう練習するたびに下手になってるんじゃないか?という感じでした。一時はボールに当... 続きを読む

今週のゴルフダイジェストで、フォローは大きく!といったことが書かれていました。これは間違ってはいませんが、故意にフォローを大きく取ろうとして、手元が大きく動いてしまうと、振り遅れの原因になりかねません。先日の記事にも通じる内容ですが、手元が大きく動くと、シャフトのしなりを使うことが難しくなりますから、フォローが大きくなるのは、あくまでもクラブの慣性で腕が引っ張られるからだと認識する必要はありそうで... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索