スイング理論 一覧

ここ数日「有村智恵 ノーコック」という検索でサイトに来られる方が多いようなので、実際にそうなのか?ちょっとユーチューブで動画を見てみました。これはいい動画ですね。コックもそうですが、体の使い方もすごく比較しやすいです。いくつか気になる点を挙げていきます。1、バックスイングの左肩の動き方左の男性は、左肩が前にでているのに対し、有村プロの左肩はアドレスの位置より前に出ることなく、どちらかというと左肩を... 続きを読む

「腰や肩をレベルに回す」という言い回しがあります。レベルというと、地面と平行にという意味合いに捉えがちですが、実際には、背骨と垂直に回すのが正しい解釈になります。前傾してるのに地面と平行に体を回したら、それは体を痛めて当たり前のスイングですからね・・・って、私はこれで体を痛めた経験があるので、人のことは言えませんが、本当に痛かったので、できたら早めに気づいて下さい。でも、これは言うほど簡単なことで... 続きを読む

グリーン周りでのアプローチでザックリすると、もうこの上なくどんよりした気分になりますよね。。ザックリを警戒しすぎると、今度はどトップで、グリーン周りを行ったり来たりなんていう経験は誰にでもあるはずです。原因は、多くの場合、スイング軌道がアッパーになってしまっていること。つまり、スイングの最火点がボールの手前に来てしまっていることです。これを解決するいい方法があります。方法というよりは、なぜそうなる... 続きを読む

ゴルフのスイングは非常に複雑な動きを必要とします。ですから、同じ「ダフリ」というミスの結果ひとつにたいして、いくつもの原因が考えられてしまうことが、ゴルフの難しさになっていると思います。原因の特定の仕方を間違えると、本当は腕の動きがおかしいのに、おかしい腕の動きに合わせて、体を無理に動かして・・・という風に、間違いを間違いでカバーするようなことになってしまいます。そうして出来上がったスイングからは... 続きを読む

ゴルフを始めて1年くらいは、飛距離とバックスピンに憧れて、そんな練習ばかりしていました。 ただ、バックスピンはついにものにはできませんでした・・・涙 この記事は特に初心者の方に読んで頂きたいのですが、先に結論を言ってしまいますと、バックスピンはテクニックよりも道具でかけるものみたいです。 最近のウェッジは溝の規制がかかったことで、これまでよりもスピンがかかりづらくなっています。 また、アマチュアが... 続きを読む

ゴルフ雑誌を毎週買っていると、その時その時のトレンドを追いかけたスイング理論を自然と頭に入れていくことになります。 時には「お?これいいんじゃないか?」と、自分のスイングに合っているかどうかも吟味せずに取り入れてみたくなった経験は、誰でも1度はあることと思います。 タイガーのレイド・オフがかっこいい!!とか。 まさに私のことですが・・・汗 こういうことを繰り返していると、形ばっかり追いかけて、知ら... 続きを読む

私は、何年も前から谷将貴コーチの理論は知っていました。 いくつかDVDも持っています。 ただ、今まで真剣に練習したことがなく、Golf メカニックというコンビニで買える雑誌&DVDのレッスン内容を、片っ端から試していました。 80台で回れるようになったのは、つい最近の話です。。 それまでの6年はなんだったの?って感じです。 上達のきっかけになったDVDはこの記事で紹介してますので、良かったら後でチ... 続きを読む

ゴルフをやっていて腰や背骨などを傷めた経験がある方は多いと思います。 私も色々と怪我を経験してます。。 一方でゴルフは高齢になっても楽しめる、数少ないスポーツの中のひとつでもあります。 ということは、実はそこまで体に負担がかかるものではないということ・・・? というところについて、今日は書いていきたいと思います。   人間の体は実に複雑にできています。 関節がいくつある... 続きを読む

アマチュアの大きな悩みは、やっぱりダフリへの恐怖ではないでしょうか? ショートホールのティーショットとか、グリーン周りからのアプローチでザクッとやったときの悔しさ・・・誰でも10回以上は経験しているはずです。 でも、考えてみてください。 スイング中、アドレスの位置よりグリップが下に来ない限り、クラブが地面に突き刺さるはずがないんです。 例えば次のような状態が考えられます。 ・頭の上下動が激しい(ひ... 続きを読む

ここ最近、忙しくて練習はもちろん、なかなかラウンドもできていないのですが、日課の素振りだけは毎日やっていました。 そうすると、ボールを打っているときとは違うところに気づけるんです。 クラブはどう動くために作られたものなのか?なんてことを意識しながら振っていくと、すごく楽に、しかも今までよりもシャープにスイングができる瞬間があります。 もちろん、ボールを目の前にして同じスイングができるようになるには... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索