スイング理論 一覧

前回、前傾角度という言葉に惑わされるのがすべてのミスの原因ではないか?という記事を書きましたが、どうも言葉だけでは説明が難しいと感じたので、簡単な画像を用意しました。 めちゃくちゃ簡素な画像ですが、これがスイングするときの地面やボールとの位置関係です。 直立姿勢では、足の裏に体重を乗せるのはそれほど難しくありません。 そして、ボールが無い状態でアドレスしても、恐らく足の裏にしっかり乗れるでしょう。... 続きを読む

今回は、スイング中に働く平衡感覚について考えてみました。 ゴルフのスイングは前傾した姿勢で行います。 この「前傾」がゴルフの最大の罠だと気づきました。 プロのスイングを真後ろから見ると、ほとんどの人が足の裏に真っすぐ体重が乗っていることが分かるような姿勢をとっています。 これに対し、アマチュアのスイングは、つま先方向だったりかかと方向だったり、足の裏に乗れてるように見えない人が多いですよね。 これ... 続きを読む

スイングする際に、ボールに体が近づいてしまう人、頭が飛球線方向に流れてしまう人、右肩が突っ込んでしまう・・・などなど、「突っ込む」と表現される悪い動きが起こってしまうことで悩んでいる人は多いと思います。 僕の場合、全然自覚は無かったんですが、どうも体がボールに近づいてしまっているようだということに気づき、直そうと原因を探っていました。 そして、ある時ふと思いついたんです。 「近づいちゃうなら、思い... 続きを読む

ここ最近、シャンクというか、フェースが開きすぎてまともにボールが打てない症状に悩んでいる。 先週の練習で、その原因と対策が判明した。 自分ではコックを入れてフェースローテーションも行っているつもりだったが、実際にはフェースローテーションはほとんど行わず、シャフトのしなりも使えてない、典型的な手打ち&力づくのスイングになっていた。 調子が悪くなった結果、悪癖が進んだということだと思うが、もうほとんど... 続きを読む

パターには大体の場合、グース(パターの場合もグースって言うのかな・・・)が入ってますよね。 ヘッドの位置が、シャフトの延長線上よりも、後ろ側に来ているものがほとんどのはずです。 僕の場合、特にそうなのか分かりませんが、どうしてもシャフトの延長線上にヘッドがあるかのようなタイミングで、インパクトをしたがる傾向があります。 例えば、金づちを使うときのような感じ。 金づちは柄よりも頭の方が出っ張ってます... 続きを読む

先日、自分のスイング動画を久々に撮ってみて気になった点が2つ。 1つは、トップの位置が低すぎて、なおかつインサイドアウトの度合いが強すぎたこと。 これは、体を以前よりも背中側に回すようにしたことが原因です。 まだ、腕の動きが以前のままだったので、体と腕が同調していませんでした。 もう1点は、プロのスイングと比べると、バックスイングの早い段階でクラブが上がってしまっていること。 要するに、手でクラブ... 続きを読む

スイング中は力まないこと。 これは、ゴルフをやる人なら誰しも一度は目にしたことがある文言だと思います。 しかし、実際には知らず知らず力んでしまう。 特に練習場にいるアマチュアゴルファーの大半は、上半身力みまくりで打っています。 他人のスイングを見ると、分かるんですが、自覚するのは難しいもの。 力みを取るためには、まず自分が力んでいることを自覚しないといけないと思います。 力んでいるかどうかを調べる... 続きを読む

あけましておめでとうございます。 2010年、初投稿です。 今日は、正月早々、バックスイング時の体重移動について気づいたことがあるので、記録に残しておこうと思います。 ことの始まりは大晦日の夜。 0時を過ぎてから、24時間運営している練習場へ打ち初めに行ってきました。 2010年もがんばるぞーとばかりに練習を始めて、7番アイアンでフルショットしてみたら、いつもよりぜんぜん飛んでない・・・汗 キャリ... 続きを読む

前回、バランスを意識して練習しているといったことを書きましたが、今回はその続編になります。 バランスといっても、左右のバランスではなく、前後のバランスが大事だといったようなことを前回書きました。 ある程度、左右のバランスが取れていることが前提になりますが、前後のバランスがよくなると、自然とスイングに軸が出来てくることがわかりました。 逆に言えば、軸が無いと、バランスは保てません。 そして、長年のク... 続きを読む

最近、やっとスイングがオートマチックになってきました。 かなりチェックポイントが絞れてきています。 ここ最近はずっと、体のバランスを意識して練習していました。 特に前後のバランス。 真後ろからのスイング動画(練習のときに撮影したもの)を見たとき、自分で思っていたよりも体全体が前に傾いていたことが気になり、色々考えたことが始まりです。 体を横から見たときにちょうど真ん中に通るラインを意識するため、ア... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索