スイング理論 一覧

この記事については、右利きの場合を想定して書いていきます。 左利きの人は分かりづらいかもしれませんが、頑張って読んでくださいw ゴルフスイングでは「腕は使うな」といわれますが、使わないなりに使い方があることは事実です。 最も有名なのが「脇を締める」というレッスンだと思います。 ドライバーのヘッドカバーなどを左脇に挟んでスイングする、例のやつです。 これをやると、腕の使いすぎは防げますが、脇の締め方... 続きを読む

捻転差が大きい方が球が飛ぶ。 女子プロは遠心力と捻転差をうまく使って、あれだけの飛距離を出しているというのは、雑誌にも良く書かれていることですが、体感できている人は少ないのではないかと思います。 僕も頭では分かってはいるものの、捻転差がうまく作れずに悩んでいました。 捻転差が作れないということは、俗に言うタメができない状態になるので、どうしても上半身主導のスイングになってしまいます。 鏡を見ても、... 続きを読む

ゴルフスイングにおいて、アドレスと同じくらい重要なのがグリップ。 グリップがスイング全体に及ぼす影響は計り知れません。 インターロッキング、オーバーラッピング、フックグリップ、ウィークグリップなどなど、色々と種類があり、組み合わせによって本当に様々なグリップが存在します。 ただ、グリップについて、手首の縦方向の角度について触れられることが少ないことに気づきました。 文章で表現するのが難しいですが、... 続きを読む

毎日何かしら気づくことがある。 今日はベタ足を試してみた。 よく、インパクトまで右足のかかとを上げないで打つことを「ベタ足で」と表現されますが、今まで僕は完全にかかとが浮いてました。 それもダウンスイングの早い段階から・・・ これは、左主導のスイングをしろとか、左足を踏み込めっていうところを意識しすぎた結果だと思っています。 左を踏み込む動きと右足を蹴る動きは連動してますから、あまりに強く左を踏み... 続きを読む

スイングは下半身が大事。 その方が飛ぶし、安定する。 これは事実ですが、では、どのように下半身を使えばいいのか?ということが分かりづらい。 ゴルフは感覚的な要素が強く、一人一人の感じ方が違うために、同じ動きを表現するにしても、さまざまな言い回しが存在する。 拇指球(ぼしきゅう: 足の親指の付け根部分)に体重をかけて、足の指はぐっと踏ん張る!と書いてあるかと思えば、あまりつま先体重になり過ぎないよう... 続きを読む

今日もひとつ気づいたことがある。 それは、今までレベルターンと言うことの意味を履き違えていたということ。 ゴルフスイングが回転運動であることは言うまでもないが、この回転運動をうまく行うためのコツとして、腰と肩を平行に回す(レベルターン)と良い、と大体のゴルフ雑誌には書かれてる。 これはある意味で正しいが、ある意味で間違っている。 真っ直ぐ立った状態でスイングを行うのであれば、これは全くの正論だが、... 続きを読む

ゴルフのスイングにおいて難しいとされるのは、始動と切り返しです。 始動については、鏡を見ながら研究すれば、綺麗な形は作れると思うのですが、切り返しのタイミングは形から入ってもうまくいきませんので、やはりより良いタイミングを自分で体感するしかないのだと思います。 今日の素振りの中で、このタイミングが実感でき、その結果、スイングに対する考え方がかなり変わりましたので、メモがてらブログに残しておくことに... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索