ゴルフ上達の肝 一覧

「この前、打ちっぱなしで1000球打ったよ」 なんて自慢してる人たまにいますよね?   え・・・そんな人いませんか・・・?   これ、ゴルフを始めたころの私自身のことです。。汗   考えてみると、アベレージゴルファーが球数を打つことにメリットは皆無です。   なぜなら・・・   ・疲れた状況でラウンドすることが少ない ・... 続きを読む

池やバンカーに代表されるハザードを目にすると、今でも「うわー・・・入りそう・・・」と思ってしまう自分がいます。 入りそうと思うと大体その通りになることは分かっているものの、気持ちを100%切り替えることは難しいので、私はあるコツを開発しました。 簡単です。 本気でハザードに入れてやろうと思ってショットするようにしただけです。   ハザードを避けようとすると、必要以上に上げよ... 続きを読む

力むなと言われてもなかなか難しいですよね。 なぜなら、力んでいる状態がどういう状態なのかが分からないからです。 少し話は飛びますけども、肩こりなんかも散々力んだ挙句に筋肉が固まってしまった状態。 でも、肩こりを感じたからって自分が力んでいると思う人は少ないはずです。 それくらい力みには気づきづらいということを、理解すべき。   そんなわけで、何とかして自分が脱力した状態を... 続きを読む

ゴルフは前傾姿勢をとり、なおかつ体の真横の方向がターゲットになるので、非常に方向感覚が狂いやすいという一面があります。 しかも地面は平らではない。 そういう中で、常にボールに対して一定の動きをするためには、自分の体の中に基準を作るしかありません。 私の場合は背骨を基準に左右対称に動くことを心がけてます。   よかったら試して欲しいのですが、鏡を見ながらアドレスして、左肩を下... 続きを読む

つま先体重で構えるのがゴルフの基本とされていますが、この時、つま先に体重をかけてから膝を曲げると人によっては、膝が前に出過ぎてしまうことがあります。 膝がつま先よりも前に出るようだと、重心がボールの近いところに来てしまうので、ダウンスイングで体がボールに近づいてしまって腕の通り道が無くなるといった弊害が出てくる可能性が高くなります。 骨格や体の使い方にもよりますが、タイガーのスイングを後方... 続きを読む

アベレージゴルファーのほとんどは、アーリーリリースになっていると言われています。 アーリーリリースというのは、切り返し後の早い段階でコックがほどけてヘッドがリリースされてしまう現象のことを言います。 逆にプロの選手を見てみると、アーリーリリースになっている人は100%いません。 ミスショットの大きな原因のひとつとして、クラブヘッドが減速しながらインパクトを迎えてしまう、「緩む」というよう... 続きを読む

振り遅れで悩むのは誰もが通る道だと思いますが、振り遅れとはどういうものなのかを考え直してみました。 まず、何に対して何が遅れると振り遅れなのか? これをはっきりさせないといけません。 私はこれを腕の振りが体の動きに対して遅れている状態だと定義することにしました。   そうすると、振り遅れを解消するには、単に腕を振るタイミングを早くすればいいだけだということになります。 凄... 続きを読む

ラウンド中に急にザックリやどトップが止まらなくなるということ、ありますよね? この主な原因は、スイング軌道がアッパーになり、ボールの手前でスイングの最下点を迎えていることにあります。 これを克服するのに簡単な方法があるのでご紹介します。   クラブヘッドは身体の重心線上に落ちてきます。 アプローチは左足体重のままでうてとか言いますが、あれは自動的にボールより先にスイングの最... 続きを読む

「クラブに仕事をさせろ」という言い回しがあります。 ゴルフはクラブという道具でボールを打つスポーツです。 基本的に、飛距離はボールにクラブヘッドが当たった瞬間のスピードとクラブの重量で決まります。 だから、本当は身体の動かし方とか言う前に、ゴルフクラブの特徴を知るべきだし、ボールを遠くに飛ばしたければ、クラブヘッドをいかに走らせるかを最優先に考えるべきなんです。 昔見たDVDの中で、横... 続きを読む

ゴルフクラブの選び方で大事なのはライ角、シャフトの長さ、重さ、ヘッドの難易度で、この順番に重要だと思っています。 アイアンは特にライ角調整できないものもありますから、合わないものを買ってしまうとスイングを壊す原因になり兼ねません。 ちゃんとお店で試打して、店員さんにライ角の相談をしましょう。 ライ角とシャフトの長さは切り離して考えられないものなので、シャフトは堅さだけじゃなく、長さについ... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索