練習方法 一覧

最近、家練(いえれん:家の中で練習することを私はこう呼んでます)にハマってます。 これが本当に気づくことが多い!!   特に、日に日にインパクトが安定してくるのが分かるので、かなりおススメです。   今日は家練のコツを色々と書いていきます(^^)   悲惨な家練の思い出   初心者の頃は、よく家練をやってたのですが、窓ガラスを割ったり、... 続きを読む

  今日はこんな悩みを一発で解決する方法をご案内します。   ・タメができない ・アーリーリリースになってしまう ・どうしてもハンドファーストにならない ・体が伸びあがる ・飛距離が出ない ・スライスが治らない ・フォローで腕が伸びない   などなど。。     いかがでしょうか? 1つくらいは該当する悩みがあった... 続きを読む

前回、ヘッドスピードを上げるためのイメージ作りについて書きましたが、今回も似たような内容です。 テーマは「クラブを重たく扱わないこと」です。   どういうことかというと、男性ならピンとくると思うのですが、騙されたと思ってちょっとやってみて欲しいことがあります。   何かというと・・・   シャドーボクシングです。   何回もパンチする必... 続きを読む

ヘッドスピードを上げるうえで、やりすぎると良くないのは、実際にボールを打ち続けることだと思います。 飛ばないと思いながらボールを打っているとき、ボールが重たく感じているはずです。 そのイメージが定着すると、重いものに負けないように振ろうとするので、手元に力が入りやすくなり、ヘッドは加速しづらくなります。   よくよく考えてみれば、アイアンでゴルフボールを打つのに、変に力む必要... 続きを読む

スムーズにスイングするために私がやっているワッグルを紹介したいと思います。 スタンスを取ったら、膝を左右交互に前後に揺らします。 この時、体重は土踏まず~親指の付け根にかかるように意識します。 左右10回ずつくらい、力が抜けたことが感じられるまで揺らします。 揺らすスピードは人それぞれでいいと思いますが、足の動きが完全に止まることが無い程度のスピードを探して下さい。 そこそこ早いテン... 続きを読む

去年のゴルフダイジェストで紹介されていた坂田塾の沈み込みドリルを試しましたが、めちゃくちゃきつかったです・・・ 坂田さん曰く、このドリルでゴルフに必要な筋肉は全て鍛えられるということなので、たまにやろうと思ってますけども、自信は全くありません。 やり方はすごく簡単で、トップの姿勢を作ったら、そのまま落とせるところまで腰を落として1分間キープ。 このとき左手は曲げずに、高い位置でキープする... 続きを読む

この練習をすると、ダフリやトップの解消に役立つので、是非どうぞ! 道具を使わないのでどこでもできます。   右利きの人の場合、スイング中は少し背骨が右に傾斜することが多いです。 右肩を少し下げてるような状態です。 真っすぐになる人は真っすぐでもいいので、アドレスの背骨の傾き具合を覚えておいて、ゆっくりスイングします。   私の場合は背骨と骨盤の位置関係も気を付... 続きを読む

このブログでも体の使い方がどうこうと書いていますが、実のところ、ゴルフスイングで大事なのは、クラブヘッドをいかに効率よく動かすことができるか?です。 ヘッドを走らせるとか考えると難しくなるので、今回は、私流のヘッドの動かし方を体感するためのドリルを紹介したいと思います。 普段スイングする時と同じように、両手でクラブを持ちます。 バットなどの代用品ではダメです。 できるだけゴルフクラブで... 続きを読む

女子プロに多いべた足スイングについて、良し悪し言われていますが、アマチュアが参考にするのは私は良い方向に転がる人が大半ではないかと思います。 なぜなら、アマチュアはスウェーしてしまう人が多いからです。 私も人のことが言えないどころか、散々スウェーには悩み続けているアマチュアですが。。 スウェーの原因は、体重移動を意識しすぎていることと、下半身の力を使おうとしすぎて、切り返しで右足(右利きの方)をバ... 続きを読む

私がゴルフから学んだもっとも大きなことは、向上心を絶やさないことと、向上するためにはどうしたらいいかを考え、的確な練習を積むことです。 向上心を絶やさないためにはモチベーションを保つ必要が出てきます。 私の場合、とにかく自分が納得するスイングがしたいということから始まって、今でもその欲求はあり続けていますので、モチベーションで悩んだことはありません。 常にヤル気満々です。  ... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索