タグ「スライス」の一覧

自分は大きなスライスだから、少し曲がり幅を押さえてフェードが打ちたい、ドローが打ちたい。。あるいは両方打ち分けたい。。といった願望は誰でも持っていると思います。   今日はこの願望をかなえるにはどうしたらいいか、考えてみます。   まず、球が曲がるメカニズムを正しく理解することが大切です。   簡単に言うと、ボールはスイングした方向に飛び出し、インパク... 続きを読む

打ち急ぐ、左肩が開く、右肩が突っ込む・・・などなど、色々な表現がされますが、これらの動きが出てしまう原因は、往々にしてバックスイングが足りていないからだと考えます。 極端な話、全く肩を回転させないところから打つと、上に挙げたような形になりやすいですよね? どうやってもスライスが治らない、打ち急いでしまう、手打ちになってしまうという人は、思い切って深くバックスイングしてみることをお勧めします... 続きを読む

振り遅れで悩むのは誰もが通る道だと思いますが、振り遅れとはどういうものなのかを考え直してみました。 まず、何に対して何が遅れると振り遅れなのか? これをはっきりさせないといけません。 私はこれを腕の振りが体の動きに対して遅れている状態だと定義することにしました。   そうすると、振り遅れを解消するには、単に腕を振るタイミングを早くすればいいだけだということになります。 凄... 続きを読む

よくダフる人、ダウンスイングでクラブが寝る人、スライスで悩んでいる人は、この記事必見です。   上に挙げたような代表的なミスの原因として考えられるのが、切り替えし以降、右腰が下がっていることです。   右腰が下がると、次のようなことが起こります。     症状1、インパクト前に左肩が上がってしまう   右腰が下がるということは... 続きを読む

ハンドファーストは憧れの形だし、目指すべきところなのですが、やり方を間違えるとフェースが開きやすくなるので要注意!   まず、自分でハンドファーストになっていると思う形を作ってみてください。   そのとき、グリップエンドが自分の体を向いていないようだと、間違ったハンドファーストになっている可能性が高いです。   グリップエンドがおへそを向くくらいのとこ... 続きを読む

スライスの原因は、基本的にアウトサイド・インのスイング軌道にあるわけですが、どうやったらアウトサイド・インになってしまうかというと、上半身から切り返すと、必然的にクラブはアウトサイドから降りてしまいます。 試して頂くとすぐにわかるはずです。 トップの形を作って、上半身からダウンスイングしてみて下さい。 切り替えし直後には、もうアウトサイドからクラブを降ろすしかない形になってし... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索