タグ「ダフリ」の一覧

  ゴルフスイングのコツとして、目の前に積まれた瓦を拳(パンチ)で割る、いわゆる「瓦割り」の動きが挙げられることは多く、私も初心者の時から知っていはいましたが、最近になってこの例えの深さに気づきました。     瓦割りなら絶対ダフらない     上の動画は瓦割をしている人を正面から撮影したものですが、体の使い方がゴルフと似てま... 続きを読む

このブログに何度か書いたことがありますが、クラブヘッドは重心線上に落ちてくると、私は思ってます。 重心が右(飛球線後方)に残っていれば、ボールより後ろに最下点がくるし、左過ぎればボールよりかなり先に最下点が来る。   アマチュアの場合には圧倒的に体重が右に残ることの方が多いと思うので、今日はこの改善法を紹介します。   先日書いた通り、最近、室内でカーテンに向かっ... 続きを読む

この練習をすると、ダフリやトップの解消に役立つので、是非どうぞ! 道具を使わないのでどこでもできます。   右利きの人の場合、スイング中は少し背骨が右に傾斜することが多いです。 右肩を少し下げてるような状態です。 真っすぐになる人は真っすぐでもいいので、アドレスの背骨の傾き具合を覚えておいて、ゆっくりスイングします。   私の場合は背骨と骨盤の位置関係も気を付... 続きを読む

切り返しは下半身から・・・下半身から切り返せないと、必然的に上半身を使って切り返すことになります。その結果、切り返しで力んで右肩が下がったり、右腰が前に出るといったミスが起こりやすくなります。要は右足に体重が乗ったまま切り返すんで、右足を蹴ることでしかうまく回れなくなってしまうんでしょうね。ということは、切り返しで左足を踏み込むことさえできれば、これらの動きは改善されるということか・・・?「右肩が... 続きを読む

前々回とその前の記事で、ダフらないためにはソールをうまく使うことが一番大事だというようなことを書きました。 ソールをうまく滑らせることができれば、多少のダフリでは大きなミスにならないということで、フェースの向きとソールの接地具合が分かるような写真を用意してみました。   写真の白い線を飛球線として見比べていきます。   ■ フェースが飛球線に対してスクエアな状態 ... 続きを読む

アプローチでザックリやどトップが出る原因は、クラブのソールを使えていないことが原因だと思っています。   クラブの構造上、アウトサイド・インの軌道で振ってしまうと、ソールが利かなくなります。 リーディングエッジから地面に突き刺さるような現象が起きてしますんですね。   つまり、ソールが使えないと、ミスったときに取り返しがつかない大事故になってしまうんです。 &n... 続きを読む

最近書いていることと重なりますが、シャフトのしなり戻りを意識すると、途端にボールがつかまりだすことがあります。   クラブを棒のようにつかってしまうと、フェースを閉じることでしかボールはつかまりませんが、シャフトのしなりを使えると、インパクト前後でヘッドスピードが加速しやすくなるので、ボールがフェースにくっついている時間が長くなります。   ボールとフェースが長くつ... 続きを読む

グリーン周りでのアプローチでザックリすると、もうこの上なくどんよりした気分になりますよね。。ザックリを警戒しすぎると、今度はどトップで、グリーン周りを行ったり来たりなんていう経験は誰にでもあるはずです。原因は、多くの場合、スイング軌道がアッパーになってしまっていること。つまり、スイングの最火点がボールの手前に来てしまっていることです。これを解決するいい方法があります。方法というよりは、なぜそうなる... 続きを読む

ゴルフのスイングは非常に複雑な動きを必要とします。ですから、同じ「ダフリ」というミスの結果ひとつにたいして、いくつもの原因が考えられてしまうことが、ゴルフの難しさになっていると思います。原因の特定の仕方を間違えると、本当は腕の動きがおかしいのに、おかしい腕の動きに合わせて、体を無理に動かして・・・という風に、間違いを間違いでカバーするようなことになってしまいます。そうして出来上がったスイングからは... 続きを読む

ダウンブロー習得のための道のり、第4弾です。 前の記事を読んでいない人は、まずはこのページから、前の記事をご覧ください。 さて、ダウンブローを研究するうちに、ダウンブローならアプローチでダフることも極めて少なくなることに気づきました。 逆に言えば、今まではダフりやトップは起こるべくして起こっていたミスだったことに気づいたんです。 ん・・・起こるべくして起こってたということは、むしろうま... 続きを読む

アマチュアの大きな悩みは、やっぱりダフリへの恐怖ではないでしょうか? ショートホールのティーショットとか、グリーン周りからのアプローチでザクッとやったときの悔しさ・・・誰でも10回以上は経験しているはずです。 でも、考えてみてください。 スイング中、アドレスの位置よりグリップが下に来ない限り、クラブが地面に突き刺さるはずがないんです。 例えば次のような状態が考えられます。 ・頭の上下動が激しい(ひ... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索