タグ「ヘッドスピード」の一覧

ヘッドスピードを上げるうえで、やりすぎると良くないのは、実際にボールを打ち続けることだと思います。 飛ばないと思いながらボールを打っているとき、ボールが重たく感じているはずです。 そのイメージが定着すると、重いものに負けないように振ろうとするので、手元に力が入りやすくなり、ヘッドは加速しづらくなります。   よくよく考えてみれば、アイアンでゴルフボールを打つのに、変に力む必要... 続きを読む

「クラブに仕事をさせろ」という言い回しがあります。 ゴルフはクラブという道具でボールを打つスポーツです。 基本的に、飛距離はボールにクラブヘッドが当たった瞬間のスピードとクラブの重量で決まります。 だから、本当は身体の動かし方とか言う前に、ゴルフクラブの特徴を知るべきだし、ボールを遠くに飛ばしたければ、クラブヘッドをいかに走らせるかを最優先に考えるべきなんです。 昔見たDVDの中で、横... 続きを読む

このブログでも体の使い方がどうこうと書いていますが、実のところ、ゴルフスイングで大事なのは、クラブヘッドをいかに効率よく動かすことができるか?です。 ヘッドを走らせるとか考えると難しくなるので、今回は、私流のヘッドの動かし方を体感するためのドリルを紹介したいと思います。 普段スイングする時と同じように、両手でクラブを持ちます。 バットなどの代用品ではダメです。 できるだけゴルフクラブで... 続きを読む

前回の記事で、左脇を締めることの重要性に気づいて改めてその意味を考えました。     言うまでもなく、ゴルフボールを打つのは、クラブのヘッドです。   インパクトの瞬間、クラブヘッドがもっているエネルギーの大きさと、ボールへのコンタクトの仕方で飛距離は決まります。 どんなに速く体が回っていても、クラブが動いていなかったらボールは飛びません。 &nbs... 続きを読む

先週のゴルフダイジェストに「バックスイングは左側に回るつもりでちょうどいい」というような記事がありました。 手元とクラブヘッドが同じ方向に動くと、ヘッドが走らないからだというのがその理由です。 試しに、このイメージで素振りをしてみました。 そうすると、不思議と左右の壁ができやすいんです。 私の場合には、下半身がこれまでとは全然違う動きをしていて、悩みだったスウェーがほと... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索