タグ「脱力」の一覧

前回の記事の続きです。 というか、書き忘れです。 よく「グリップの力を抜け」と言われますけど、そもそもグリップの形に欠点があったら、力は抜けないんですよね。 クラブが落ちてしまいますから。 クラブを支えるための最小限の力というのは、グリップの形や、脇の締まり具合はもちろん、全身のバランスがどうなっているかによってくるので、単に「力を抜け」といったところで、そのままの形では不可能な場合が... 続きを読む

グリップは自分の体とクラブをつなぐ唯一の接点。 最終的にクラブがどう動くかはグリップ次第といっても過言ではありません。 グリップの仕方には色々と種類がありますが、何が自分に合ってるかを探すことはもちろん、どういうグリップにするとどうなりやすいのかということを知っておく必要があります。 そのためには、パターと通常のグリップを比較すると分かりやすいです。   ところで、パターも... 続きを読む

いいアドレスの基本として、「背筋を伸ばせ」とよく言われますが、あんまり意識しすぎると肩回りが自由に動かない状態になってしまって、逆効果なので注意した方がいいです。 私はこれにハマったことがあります。つい最近。。 どうもショットの調子が悪いなと悩みながら、自宅でカーテンに向かってサンドでちょこんとボールを打って遊んでいたのです。 以前はそこまでトップしたりダフったりしなかったのですが、久々... 続きを読む

力むなと言われてもなかなか難しいですよね。 なぜなら、力んでいる状態がどういう状態なのかが分からないからです。 少し話は飛びますけども、肩こりなんかも散々力んだ挙句に筋肉が固まってしまった状態。 でも、肩こりを感じたからって自分が力んでいると思う人は少ないはずです。 それくらい力みには気づきづらいということを、理解すべき。   そんなわけで、何とかして自分が脱力した状態を... 続きを読む

力みの原因はなんだろう?と色々と考えてみましたが、原因は大きく2つ。 心理的なものと姿勢だろうなと、私の中では結論しています。 姿勢についてはこのブログで何度か書いているとおり、悪い姿勢だと、ただ立っているだけでも、必要以上に筋力を使ってしまうので、必然的に力むことになります。 極端な話、脱力したら立っていられないので、力を抜くことはできません。 正しいアドレス、正しい姿勢ができている... 続きを読む

「上半身の力を抜く」とか「力まない」ということがよく言われます。 クラブに仕事をさせるとか。   これは全てもっともなことを言ってるわけですが、じゃあどうすればいいの?と思った経験があるのは私だけではないはずです。   実際、私は脱力するという感覚を体感するまで、物凄く苦労しました。。   始めのうちは打ちっぱなしでアレコレ試していたのですが、どんど... 続きを読む

スイング中の力みの原因は、色々と考えられますが、私は意外と姿勢が原因であることが多いのではないかと思っています。   単に姿勢と言ってしまうのも語弊があるかもしれませんが、本当に正しい姿勢で普段から生活できている人はごく一部だと思うのです。   人間の骨格は複雑であるがゆえに、いくらでも歪んでいきます。   姿勢がゆがむと、その歪みで崩れたバランスを取... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索