タグ「飛距離アップ」の一覧

最近、家練(いえれん:家の中で練習することを私はこう呼んでます)にハマってます。 これが本当に気づくことが多い!!   特に、日に日にインパクトが安定してくるのが分かるので、かなりおススメです。   今日は家練のコツを色々と書いていきます(^^)   悲惨な家練の思い出   初心者の頃は、よく家練をやってたのですが、窓ガラスを割ったり、... 続きを読む

  ゴルフスイングのコツとして、目の前に積まれた瓦を拳(パンチ)で割る、いわゆる「瓦割り」の動きが挙げられることは多く、私も初心者の時から知っていはいましたが、最近になってこの例えの深さに気づきました。     瓦割りなら絶対ダフらない     上の動画は瓦割をしている人を正面から撮影したものですが、体の使い方がゴルフと似てま... 続きを読む

前回、ヘッドスピードを上げるためのイメージ作りについて書きましたが、今回も似たような内容です。 テーマは「クラブを重たく扱わないこと」です。   どういうことかというと、男性ならピンとくると思うのですが、騙されたと思ってちょっとやってみて欲しいことがあります。   何かというと・・・   シャドーボクシングです。   何回もパンチする必... 続きを読む

ヘッドスピードを上げるうえで、やりすぎると良くないのは、実際にボールを打ち続けることだと思います。 飛ばないと思いながらボールを打っているとき、ボールが重たく感じているはずです。 そのイメージが定着すると、重いものに負けないように振ろうとするので、手元に力が入りやすくなり、ヘッドは加速しづらくなります。   よくよく考えてみれば、アイアンでゴルフボールを打つのに、変に力む必要... 続きを読む

「クラブに仕事をさせろ」という言い回しがあります。 ゴルフはクラブという道具でボールを打つスポーツです。 基本的に、飛距離はボールにクラブヘッドが当たった瞬間のスピードとクラブの重量で決まります。 だから、本当は身体の動かし方とか言う前に、ゴルフクラブの特徴を知るべきだし、ボールを遠くに飛ばしたければ、クラブヘッドをいかに走らせるかを最優先に考えるべきなんです。 昔見たDVDの中で、横... 続きを読む

このブログでも体の使い方がどうこうと書いていますが、実のところ、ゴルフスイングで大事なのは、クラブヘッドをいかに効率よく動かすことができるか?です。 ヘッドを走らせるとか考えると難しくなるので、今回は、私流のヘッドの動かし方を体感するためのドリルを紹介したいと思います。 普段スイングする時と同じように、両手でクラブを持ちます。 バットなどの代用品ではダメです。 できるだけゴルフクラブで... 続きを読む

私がゴルフから学んだもっとも大きなことは、向上心を絶やさないことと、向上するためにはどうしたらいいかを考え、的確な練習を積むことです。 向上心を絶やさないためにはモチベーションを保つ必要が出てきます。 私の場合、とにかく自分が納得するスイングがしたいということから始まって、今でもその欲求はあり続けていますので、モチベーションで悩んだことはありません。 常にヤル気満々です。  ... 続きを読む

よくダフる人、ダウンスイングでクラブが寝る人、スライスで悩んでいる人は、この記事必見です。   上に挙げたような代表的なミスの原因として考えられるのが、切り替えし以降、右腰が下がっていることです。   右腰が下がると、次のようなことが起こります。     症状1、インパクト前に左肩が上がってしまう   右腰が下がるということは... 続きを読む

前回の記事で、左脇を締めることの重要性に気づいて改めてその意味を考えました。     言うまでもなく、ゴルフボールを打つのは、クラブのヘッドです。   インパクトの瞬間、クラブヘッドがもっているエネルギーの大きさと、ボールへのコンタクトの仕方で飛距離は決まります。 どんなに速く体が回っていても、クラブが動いていなかったらボールは飛びません。 &nbs... 続きを読む

先週のゴルフダイジェストに「バックスイングは左側に回るつもりでちょうどいい」というような記事がありました。 手元とクラブヘッドが同じ方向に動くと、ヘッドが走らないからだというのがその理由です。 試しに、このイメージで素振りをしてみました。 そうすると、不思議と左右の壁ができやすいんです。 私の場合には、下半身がこれまでとは全然違う動きをしていて、悩みだったスウェーがほと... 続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索